住宅の大問題・雨漏れ対策はどうすればよいか?

住宅のこと相談して安心・安全・スムーズ

名古屋エリア随一の住宅相談専門の事務所
100%相談者のための家づくりをサポート

ご相談・お問合せ

【TEL受付】10:00~18:00 水曜休

  1. トップページ
  2. オフィシャルブログ
  3. 住宅の大問題・雨漏れ対策はどうすればよいか?

住宅の大問題・雨漏れ対策はどうすればよいか?

先日の豪雨で雨漏れしたというご相談のお客様3件の補修工事が無事終わりました。

弊社が工事をしたのではなく、雨漏れにどう対応するかのサポートと、完璧に補修できる工務店の紹介などを行いました。

住宅の入居後のトラブルの85%は雨漏れと言われています。

そしてこの雨漏れが大きなトラブルになるのには原因があります。通常工務店の雨漏れ対応は、次のようなものだと思います。

雨漏れ発見 → 工務店に連絡 → 来るのに時間がかかる → やっと来たけど原因が特定できない → 原因箇所と推測したところをとりあえず補修 → しばらく止まったかと思っていたら、再び雨漏れ発生 → 工務店が来るのにまた時間がかかる → やっと来たけれど対応は前回と同じ → 今後は止まったと思ったら、またまた発生 → ついに工務店は来なくなった → 入居者怒り爆発!

雨漏れの原因箇所の特定は、工務店・ハウスメーカーの担当者でも難しいものです。推測で補修しても根本的な解決にはならないことがほとんどです。

そこで弊社住宅相談センターでは、日頃お世話になっている外周工事専門の業者をご紹介しています。

この業者の雨漏れ事故処理は、
1.水掛け試験を実施
原因箇所ではないかと推測されるところを中心に、実際に水を掛けて確認する。

2.赤外線サーモグラフィで水が伝って来る経路を特定する。
壁や天井の中を伝って流れる水は目視では見ることができません。そこで赤外線サーモグラフィを使って見ることで水の経路がはっきりとわかります。

3.原因箇所をはつって中を確認。

4.その箇所に対して適切な補修工事を行う。

これにて完了。2度と同じ経路で雨漏れは発生しません。

この水掛け試験と赤外線サーモグラフィ調査をするには、当然費用がかかります。工務店・ハウスメーカーはその費用をかけたくないので、目視でしか調査しません。これでは何度応急処置をしても解決にはなりません。

雨漏れ事故は、最初からしっかりした対応が肝心です。